初心者DIYさんの必須道具!「ブラック&デッカー」の紹介レビュー

さて、本日は!当ショップ

【NaNaLa~くにさきの雑貨屋さん】を1から作っていったなかで、1番役にたってくれたものを紹介します♪

「これからテナントを構えたい!」と考えてるひとも、「家でDIYを楽しみたい♪」と考えてるひとの参考になると思います。

※セット商品が数パターンあります

これから、一緒にDIY沼につかりましょう♪笑


スポンサーリンク

ブラック&デッカーとは?

電動工具メーカーの会社名で、北米シェアNo.1のアメリカ製ブランドです!!

オレンジと黒のツートンで統一されており、とてもかっこいいフォルムをしてます。

「本体」と、たくさんの「アタッチメント」を付け替えるだけで、様々なことが行えます!

このアタッチメントによる「機能の拡張性」が色んなひとから愛されるようになった理由の1つです。

それだけではなく、なんと言ってもコスパ最強だし購入者からの評価が凄く高いんです。

プロ用のツールには全然勝てませんが、ブラック&デッカーは場所を取らずに多彩で有能な道具をあなたに!って所に眼をつけたんですね!DIYならまずココから始めると良いとおもいます♪

↓最新版(3代目)ブラック&デッカー↓

スポンサーリンク

ブラック&デッカーで、DIYの何ができる?

なんでもできます!

といったら語弊があるのですが、セット物を手に入れるか目的に合わせて「別売り」の付属品を集めていくと、本当に様々なことができる様になります!

アタッチメントを紹介していきます!


電動ドリル(マルチエボ|ヘッドアタッチメント)

初心者DIYさんには1番の主役ですよね(はい、完全に私の事です)トルク(ドリルを回す強さ)も簡単に調整できます♪

マイホームでも当店開業準備でも、ものすごく活躍してくれました。

今のモデルはわたしが購入した時のモデルより進化しており、ブラック&デッカー本体にマグネットがついてます。

複数のネジをマグネットに張り付けて作業すると、とても楽そうですよね。

「痒い所に手が届く」とは、このことです。


丸ノコ(マルチエボ|ヘッドアタッチメント)

2番目に役立ってくれたツールです!

※小型なので、2×4材をカットしても3/5程度の厚さしかカットできません。

↑ココが唯一残念な点です。悲

2×4材とは

ツーバイフォーと言って38㎜×89㎜の角材です。

19㎜×89㎜材の角材を1×4材(ワンバイフォー)と言います。

わたしは両サイドからうまく切断したり、残りの2/5はノコギリで切り落としたりします(うまくいかないとガタガタになります)

1×4材なら簡単に切り落とせます♪

2×4材に対応した巨大な丸ノコだと怪我する危険性も上がるので、まぁしょうがないと思ってます♪

切ったところはヤスリ掛けをしましょう♪


ノコギリ(マルチエボ|アタッチメント)

正直、このノコギリは使ったことがないので使用感はわかりません。ちょっとした庭木やパイプなどをカットする際に役立ちそうですね♪

庭木があれば剪定もできそうですね♪

ジグソー(マルチエボ|アタッチメント)

これがあれば木材を面白いカタチにカットできそうですね♪自作のオシャレなカッティングボードなどはどうでしょうか?

あとは、丸ノコでカットしきれなかった部分を切り落とすのはノコギリよりジグソーの方が相性はよさそうですね♪

自作スピーカー作りに興味がある人は必須かも!(^^)!


インパクトドライバー(マルチエボ|アタッチメント)

インパクトドライバーは主にネジ締めに特化した機能製品です。

ボルト締め作業や、ウッドデッキ作りなどの長いネジ締めのときに重宝します。


トリマー(マルチエボ|アタッチメント)

木材の角ど部分を丸くしたりと装飾するためのツールです。

追加ツールとして別売り購入いたしました。

たま~に使いたいツールで、有ると結構便利でした♪


サンダー(マルチエボ|アタッチメント)

簡易的に表面や角っこを滑らかにしてくれて、助かります♪

コンパネを削ると、木材のカケラが剥がれたりしたのでパイン材のみ使用した方が良さそうです♪



オシレーティング(マルチエボ|アタッチメント)

詳しくわかりませんが、タイルなどを剥がすそうなのですが、コチラはあまり評判がよくない様です。

購入する際は慎重に行きましょう!


スポンサーリンク

新型の改良点

・バッテリー容量が1.5Ah→2.0Ahに

・本体にマグネットを装着

(ネジを複数保持できる)

・わずかに軽量化

👆これらの改善がありました。わたしが買った当時はこの最新モデルが発売されてなかったのです。

正直バッテリー容量2.0Ahはちょっと羨ましいです♪

ちなみに、アタッチメントやバッテリーの互換性は問題なく行えます。

何を買えばいいのか?EVO185E1かEVO183P1か

さて、ここからが本題です!!

色んなツールが沢山ありますよね。。。

迷いますよね。。。

買うなら!やっぱりセット物が安いのでわたしはセット物をオススメします!!

セット物にも数種類ありますが、検討すべき種類は下の2つです。


EVO185E1

新型の本体とバッテリーがはいってるセットは「EVO185E1」しかありません。

今買うならヤッパリ最新版が欲しくなりますが、、、このセットは使用者を選ぶし、評判の良くないオシレーティング(タイルを剥がすツール)が入ってます。

値段も3万円を上回るので、ハードルも高いです。

「ネジを複数置けるマグネット」と「バッテリー容量アップ」は欲しい機能ですが・・・

わたしは買いません。残念ながら、手に余ってしまいます(;^ω^)

セット内容
  • 新型の本体(軽量、マグネット付き)
  • 電動ドライバー
  • 丸ノコ
  • ジグソー
  • インパクトドライバー
  • バッテリー×2(大容量)
  • 専用バック
こんな人に向いてるセットです
  • とにかく最新版が好き
  • DIYでタイルを剥がす予定がある人

EVO183P1

わたしならコレを買いますね♪

と言うか、これを購入してます♪

セット内容
  • 旧型本体
  • 電動ドライバー
  • 丸ノコ
  • サンダー(ヤスリ)
  • インパクトドライバー
  • バッテリー×2
  • 専用バック
こんな人に向いてるセットです
  • 最低限だけど充実内容ものが欲しい人
  • 不必要なものは持ちたくない人

買って、間違いないやつです♪


わたしが追加で購入したアタッチメント

「専用バック」追加購入の検討の余地あり

現在の付属バックは大きめのバックです。ゴソッと丸ごといれて、ゴソッっと丸ごと出すスタイルなのかな?

それはそれでやり易そうではあります。

わたしが購入したときに付属していた専用バックは今とは違ってて、↓コレっぽいバックです↓

こっちの方は区別して収納しやすいし、取り出しやすいし運びやすい♪気になった場合は調べてみて下さい♪


追加購入したトリマー

そして、追加でこのトリマーを購入しております♪

何かと便利なんですよね。角をなめらかにしてくれます♪


バッテリー

さらに、最近はバッテリーが1つ死んで、もう1つも死にそうですので、、、。

近々買い替える予定です↓

他社製品の安物バッテリーは危険性が高くて使うのが怖いし、不具合も多々ある様ですね(*_*;

ここは命を守る値段と思ってます。


ブラック&デッカーの口コミ

ブラック&デッカーが「合う人」「合わない人」

合う人

コスパ重視な人

・DIYを軽く幅広く簡単にやりたい人

道具に場所を取りたくない人

合わない人

・値段が高くても、本格的にやりたい人

色んな道具の置き場所が確保できる人

・職人肌で、ガッツリやりたい人

・本格的にDIYをやりたい人

1㎜の誤差がも許せない人

当店NaNaLaでの使用風景

展示用の机やらなんやら、すべてこのブラック&デッカーを使用しました。

切っては組立てて・・今考えると懐かしい。。

この作業を、1回1回本格的な道具を使うとか考えられません( ;∀;)

気軽にDIYを行いたいのであればコレがオススメですね♪

最後に

これからDIYをやりたいと思っている人の参考になれば嬉しいです♪

でわでわ、また今度(*^-^*)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事